銀行カードローンの利用法

銀行カードローンの利用法

銀行のキャッシュカードは誰でも一つは持っているものですね。
自分の口座からお金を引き出す機能だけでなく、クレジット機能が付いているものもあります。
また、キャッシュカードとは別に単体のクレジットカードを取り扱っている銀行もあります。
これらのメリット・デメリットは「クレジットカードのキャッシング枠と同じ」です。

 

しかしそれとは別物となる、銀行でお金を借りるにあたって利用されるのがカードローンです。
クレジットカードのキャッシング枠は、クレジット会社からお金を借りるものです。
銀行が提携しているクレジットカードも、お金を貸すのはクレジット会社です。

 

それに対し、銀行のカードローンは、銀行がお金を貸すシステムになっています。
借りる側は銀行からお金を借りるということになります。

 

銀行のカードローンは誰でも申し込むことができますが、クレジットカードとの大きな違いとなるのが「審査」です。
カードローンを利用したいとなるとまず、銀行に申し込みをしますね。
そこでの審査によって、カードローンが利用できるか出来ないかが決まります。

 

審査に通るために一番必要なのが「信用できる人間である」ということです。
それを測るものとして、個人情報・現在の収入・勤務状態・家族構成・債務状況などなど、あらゆる方面から審査が行われます。
お金の貸し借りって信用が一番大事ですから。