銀行カードローンのメリット

銀行カードローンのメリット

銀行のカードローンを利用する際のメリットは以下のようになります。

安心感

やっぱり銀行でお金の取引をするのは安心感があるものです。名の知れた大手の銀行であれば、より安心感は強いですね。
何かあった時にも適切な対応をしてくれるサポートが充実しているといった利用者に安心を与えてくれるメリットが銀行にはあります。

低い金利

お金を借りると発生するのが利息。キャッシング枠であっても、消費者金融であってもそれは同じです。
しかし各業者によって設定されている利息の割合は違います。

 

金融業者の中で特に利息が低いのが銀行です。
キャッシング枠や消費者金融の場合、最大利息は約18〜20%です。それに対し銀行は最大でも約15%
わずか3〜5%の違いと感じますが、返済期間が長くなるほど利息に大きな差がついてしまいます。
同じ金額を借り入れたとしても、利息に何万円も差がついてしまうことも多々ありうることです。
金利はしっかりとチェックしてからお金を借りるようにしましょう。

限度額の高さ

法律によって借りられるお金は「収入の1/3以下まで」と定められていることをご存知でしょうか?
どんなにお金が必要であっても借りられる限度は収入の1/3以下なのです。

 

しかし、この法律にも抜け穴があります。それが「銀行は対象外」ということです。
銀行からお金を借りる場合は、収入の1/3以下でなくてもOKなのです。
すなわち銀行ならば、借りられる限度額が高く設定できるのです。
これが銀行のカードローンの最大のメリットと言えましょう。