銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンのデメリット

メリットがあればデメリットもあるのがセオリー。銀行カードにもデメリットは存在します。

審査が厳しい

「銀行カードローンの利用法」でも述べたように、銀行のカードローンを申し込む際に行われるのが審査です。
消費者金融でも審査は行われますが、銀行のほうが審査が厳しい傾向にあります。
消費者金融の審査は難なく通過した人でも、銀行の審査では落とされたなんて人はたくさんいます。

 

どうやら、収入や勤務状況以外の項目でも判断しているようです。
公務員ならOKだけど、自営業はNGだったり、家族がいればOKだけど独身はNGだったりと。
その人の生活スタイルまでもが審査対象になる場合があるようです(審査基準は非公開)。
銀行でお金を借りる時は、消費者金融の審査に通ったから大丈夫だとは思わない方が良いかもしれませんね。

返済遅延の処置

悪気がなくても返済が遅れてしまうことってあるものです。その際の処置が厳しいのが銀行。
消費者金融のほうが厳しそうなイメージがありますが、実際は銀行のほうが厳しいです。

 

消費者金融の場合は、返済日近くになると「お知らせメール」として返済の確認メールが届きます。
それによってうっかり返済を忘れることもなくなります。
また、返済日の変更も割と自由に出来たりもします。

 

それに対し、銀行ではお知らせメールなんて親切なことはまずしてくれません。
忘れていたらもう自己責任です。返済日の変更にも対応はしてくれません。有無を言わさずに返済日は迫ってきます。
自分でしっかりと返済管理をしないといけないのが、銀行カードローンです。